ぽかぽか小道をいこう♪




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
Dundee Cake♪ :: 2012/02/01(Wed)

11月のテキストに載っていた

『ダンディーケーキ』

ダンディとはイギリスのスコットランド地方東部の海岸沿いにある

都市の名前^^オレンジマーマレードの名産地だそうです。



フルーツがたっぷり入っていて、上にアーモンドが飾られてるのが特徴の

バターケーキですよぉ♪



作ろう作ろうと思いつつ…^^;

やっと作れました。



2012-02-01_1014.jpg



本ではもっと表面のアーモンドの並びとかキレイなんですけどね(-"-)

さすがテキスト…です。

結構甘くみてました。



バターケーキの中では珍しい作り方です。


一般のバターケーキは「シュガーバッター法」といって

バターを混ぜた後に砂糖→卵…

という順番ですが。

「フラワーバッター法」は

混ぜたバターに小麦粉をはじめに加えます。

シュガーバッター法よりもよく膨らみ

きめが細かく詰まった生地になるようです。



ただ…

バターを結構柔らかめにしておく必要があるみたいですね^^;

今回バターが少し固めだったのか、小麦粉を加えた時点で

もろもろになってしまいました…('_')

DVDではなめらかなのになぁ…

今回の一番の反省点です。

それが焼きあがりにどう影響したかは不明なんですが…。^^;



そしてもうひとつ変わってるのが

カラメルで生地に色をつけるところ。


色をつけるためだけのカラメルなので

真っ黒く炭のようになるまで焦して

甘みが全く残らない残らない状態にしたものです。


フライパンに煙がモクモクと上がるのも

なかなかこわいものですけど^^;





2012-02-01_1030.jpg


あと…もう一点。

上面が割れちゃいました^^;


たぶんベーキングパウダーが少し多かったのかな??

レシピの分量は18センチ型2台分の分量だったので

半量で作ったのですが、1gのベーキングパウダー…って^^;

1g単位のはかりでも微妙な加減ですよね。



これはほんのりまだ温かいときに切ったのでこんな感じですが、

翌日はほぼ割れ目も閉じてました^^






2012-02-01_1029.jpg


側面はこんな感じで

たっぷりすぎるほど入ったレーズンが透けて見えます。

そうです~おっかない分量のレーズンです^^;


今回半量で作って、入れたレーズンは200g以上。(゜o゜)



いやいや、ここでひるんではイケない!!!


レシピに忠実に一度作ってみないと!!



と思って。思い切ってそのままの分量入れました。


いや。

元々サルタナレーズン使うところを普通のレーズン使った時点で

全く忠実ではないんですけど^^;


サルタナだともっと柔らかくて食べやすいのかなぁ…??


そしてこれだけのレーズン入るんだし、

マーマレードの名産地のケーキというだけに

オレンジピールがさらにどっさり入るのかなぁ^^わーい♪


なんて思ってたのに、

意外に…というか、かなり少量なんですね~…(=_=)


「これじゃぁ、名産地とか関係なくね??」

とひとりぼやいてしまいました。(-_-;)


オレンジピール大好きなんです~^^;




そしてドキドキのカット。




2012-02-02_0990.jpg



ひゃぁ~

やっぱりレーズン多っ!!


切る場所によってもっと多い部分とかありましたよ(~o~)


なんせ切るそばから

ボロボロと切り口のレーズンが取れる取れる。

切り終わったときには

おっそろしい量の

ボロボロレーズンの山。


このお菓子…

人にはあげられない。。。



そう思ったはずなのに


うちでは消費できそうにないので

キレイそうな部分をお友達におすそわけしちゃいました。



しかもレーズンが苦手という友達に嫌がらせのような仕打ち…^_^;

旦那さまが甘いもの好きということで、

レーズンのある部分(ってほとんどだけど…)

は旦那さまに召し上がっていただこう♪とか勝手に^^;



ブラウンシュガーと焦したカラメルのおかげで

色はこっくりとした茶色で

素朴な感じがしていいですね~^^♪



色々調べてみると

レーズンはサルタナやカラントを混ぜたり、

さくらんぼ砂糖漬けを混ぜたりしてもいいみたいですね♪


次作るときはフルーツは好みの割合で加えてみたいです^^

オレンジピールたっぷりで(笑)。



お味はというと…

さすが辻調のレシピです^^

とっても美味しかったです♪

なんとも言えず深い味わい。かといって重すぎず。

見た目ずっしりなのに生地はホロホロっと結構ソフトなんです^^


レーズン好きな人にはかなりおススメですねー☆




2/1Thur 夏きりん。


レシピブログランキングに参加しています^^↓ポチッとしてくださると、とっても励みになります(*^_^*)!



スポンサーサイト
  1. 辻製菓技術講座。
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<アンバランスなカトルカール^^; | top | りんご&豆乳入り♪メープル蒸しパン。>>


comment

美味しそうですね(^^)

サルタナのほうが小さくて柔らかいので全体に
均一に混ざりやすいです。
正栄食品のミックスフルーツとうめはらのオレンジピールを
混ぜてみるとかも楽しそうですね。
ちなみに正栄のミックスフルーツはサルタナや
クランベリー、パパイヤ、レーズンなどとても
見た目のキレイで美味しいドライミックスフルーツ
ですよ。

フラワーバッター法でこれだけフルーツを混ぜるのは
珍しい手法ですね~。フラワーバッターは比較的
割れにくいのですが、ちょっとベーキングパウダーが
多かったのかもしれないですね。
できれば秤は0.0gがはかれるもののほうがいいと
思います。けっこう1gの表示でも実際は1.6gくらい
あったりします。
それか2gをはかってから小さじに入れなおして、
きっちり半分にするほうが1gは正確に測れますよ。
  1. 2012/02/04(Sat) 21:07:54 |
  2. URL |
  3. ひなちゃん #-
  4. [ 編集 ]

ひなちゃんさんへ♪

やっぱりサルタナのほうが柔らかくて
たくさん入っていても抵抗ないのかもしれませんね♪
正栄のミックスフルーツ?たぶん使ったことないかな…
次回挑戦するときはその組み合わせで決定ですね!(笑)
楽しみが広がります~♪
いつも素敵なアドバイスありがとうございます☆

ひなちゃんさんはフラワーバッター法でどんなケーキを
作られたことがあるのですか??^^
フルーツたくさん混ぜるのは珍しいんですね~。

秤は以前から思ってました^^;
1g単位で細かくみたいときは不便ですよね。。。
今のが壊れたときは(いつ壊れるんだろ…^^;(笑))
0.0gからはかれるものにしたいと思います(^m^)♪
  1. 2012/02/08(Wed) 20:33:45 |
  2. URL |
  3. 夏きりん #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://harunatsukirin.blog77.fc2.com/tb.php/348-8f7ecfe0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。